アクセス
資料請求
お問い合わせ
サイトマップ
English
図書館
受験生サイト
掲示板(学内専用)

教育・研究

動物実験

京都薬科大学動物実験委員会では、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)」、「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年6月)」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(飼養保管基準)(平成18年環境省告示第88号)」その他関係法令等に基づき、動物実験等を適正に行うため、以下のとおり、情報公開を実施しております。

京都薬科大学バイオサイエンス研究センター

京都薬科大学バイオサイエンス研究センター概要

外部検証の結果

動物実験に関する外部検証事業検証結果報告書

飼養及び保管の状況

  • 飼養保管施設名称;バイオサイエンス研究センター
  • 飼育可能動物種;マウス、ラット、スナネズミ、ハムスター、モルモット、ウサギ
  • 動物数;2016年4月~2017年3月の各月最終週の金曜日に飼育匹数を調査
    動物種 飼育匹数
    マウス 2,556
    ラット 377
    モルモット 1
    ウサギ 0

    (※1か月あたりの平均飼育匹数)

動物実験計画書

区分 件数
2016年度で終了した件数(2012年度に申請) 54件
2016年度;2013年度より継続して申請された件数 16件
                ;2014年度より継続して申請された件数 15件
                ;2015年度より継続して申請された件数 15件
2016年度に新規に申請された件数 19件

2016年度に実験に使用した動物種と匹数

動物種 匹数
マウス 20,715
ラット 4,862
モルモット 82
ウサギ 0

実験動物・動物実験に関する教育訓練

  • 教育訓練の内容
  1. ①関連法令、指針等、本学の定める規定等
  2. ②動物実験の方法に関する基本的事項
  3. ③実験動物の飼養保管に関する基本的事項
  4. ④安全確保・安全管理に関する事項
  5. ⑤適切な動物実験の実施に関する事項
  • 2016年度 教育訓練実施日・対象者および受講者数
 4月 
 7日 
4月
15日
4月
21日
5月
12日
5月
17日
6月
14日
8月
23日
9月
15日
10月
3日
10月
17日
10月
28日
合計


3年次生 171 167 6 228 84 656
4年次生 16 1 1 18
5年次生 2 3 1 6
6年次生 0
大学院生 1 1 2
研究員 他 1 2 3
教育職員 2 1 1 1 5
合計 171 2 185 1 6 5 2 229 1 87 1 690

※4月15日、6月14日、10月17日の教育訓練は遺伝子改変マウス取り扱い作業従事者対象

( 2017年3月31日現在 )

動物実験委員会