アクセス
資料請求
お問い合わせ
サイトマップ
English
図書館
受験生サイト
掲示板(学内専用)

教育・研究

大学院 教育・研究

京都薬科大学院での学び・研究

薬学のエキスパートをめざす さらなる「研究」のステージ
その基本コンセプトは研究と教育の相互刺激

薬学の広い分野を学んだ後、さらに特定領域のエキスパートを目指す大学院。京都薬科大学では、基礎および臨床薬学に関する高度な学識と研究能力を有した指導的な臨床薬剤師あるいは国際的に活躍出来る基礎および臨床薬学研究者を養成する薬学専攻博士課程(4年)と基礎薬学の領域で国際的に活躍できる研究者を養成する薬科学専攻博士課程(前期課程2年および後期課程3年)を設置しています。

研究室・附属施設の一覧

ファーマシスト・サイエンティストを育てる研究室・附属施設のご紹介。

教員一覧

高い能力・教育力を有する教授陣を初めとした職員のご紹介。

大学院の概要

専攻名 課程 入学定員 収容定員
薬学専攻 博士課程 10名 40名
薬科学専攻 博士前期課程(2年) 5名 10名
博士後期課程(3年) 2名 6名

薬学専攻博士課程(4年)の概要

目標

  • 指導的な臨床薬剤師
  • 臨床および基礎薬学研究を推進できる人材
  • 先端的がん研究の発展に貢献できる薬学研究者
  • 企業における医療品開発全般を統率できる人材の養成や専門薬剤師の育成

薬科学専攻博士課程(前期課程2年および後期課程3年)の概要

目標

薬学部のみならず他学部出身者や社会人および留学生を対象として、多様な選抜方式により進学者を募り、創薬科学および生命科学などの基礎薬学研究を推進できる人材を養成する。