学部 教育・研究

生命薬科学系 - 細胞生物学分野

教員紹介

教員名フリガナ職位学位
藤室 雅弘フジムロ マサヒロ教授博士(薬学)
関根 勇一セキネ ユウイチ講師博士(薬学)
井隼 美津子イハヤ ミツコ教育補助臨時職員

研究内容

細胞内シグナル伝達は転写制御を介して細胞増殖、アポトーシス、サイトカイン等の発現をコントロールします。ユビキチン・プロテアソームシステム(UPS)は翻訳後修飾と蛋白質分解を介して、細胞のシグナル伝達、異常蛋白質の分解、免疫応答を制御しています(Fig. 1)。また、シグナル伝達やUPSの異常は細胞の恒常性や応答性を破綻させ、発がん、免疫異常、神経変性などを誘導することになります。一方で、腫瘍ウイルスはシグナル伝達やUPSの制御機構を破綻させて、細胞増殖の亢進、アポトーシス阻害、免疫回避を惹起し、感染細胞をがん化させます(Fig. 2)。私たちは、シグナル伝達やUPS、さらにウイルス性発がんに関連した研究を行っています。