学部 教育・研究

病態薬科学系 - 薬物治療学分野

教員紹介

教員名フリガナ職位学位
加藤 伸一カトウ シンイチ教授博士(薬学)
松本 健次郎マツモト ケンジロウ准教授博士(薬学)
安田 浩之ヤスダ ヒロユキ助教博士(薬学)

研究内容

当分野では、種々の消化管疾患の病態を解明し、予防および治療法を提案することを目的に研究を展開しています。なかでも、消化管における炎症に着目しています。炎症は消化管に限らず、全身の様々な疾患において広く認められ、興味深いことに、元来炎症を抑える目的で使用される抗炎症薬が、副作用として炎症を伴う消化管傷害を引き起こします。ゆえに、消化管において炎症という現象の実態を解明することは、消化管疾患に留まらず、全身性の炎症性疾患の理解に繋がる可能性が期待できます。現在、潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症腸疾患、薬剤起因性消化管傷害、IBSなどの機能性消化管障害、さらには線維化、がん、味覚異常などについて研究を展開しています。