学部 教育・研究

附属施設 - 放射性同位元素研究センター

教員紹介

教員名フリガナ職位学位
後藤 直正ゴトウ ナオマサセンター長(兼任)薬学博士
河嶋 秀和カワシマ ヒデカズ准教授博士(薬学)
西村 峰子ニシムラ ミネコ事務補助臨時職員

概要

放射性同位元素(Radioisotope:RI)を用いた研究を行うための共同利用施設です。現在60種類にわたるRIの使用が可能となっており、様々なトレーサー実験・分子イメージング研究が展開されています。施設内には放射能計測装置(液体シンチレーションカウンター、ガンマカウンター)、バイオ・イメージングアナライザーの他、細胞培養用クリーンベンチ・安全キャビネットやCO2インキュベーター、マウス・ラット飼育用セーフティラックが設置されています。また、RI標識化合物の合成を目的としたHPLCや、放射性物質の動態を「動物を生かした状態で」可視化できるSPECT/CT等の機器を備え、診断と治療を一体化させた最先端研究:セラノスティクスを進めています。