京都薬科大学 受験生サイト

close

京薬の魅力

What's Attractive

卒業生インタビュー

製薬企業

実習で出会った患者さんを思い
臨床現場の声を活かせる研究者に。

ロート製薬株式会社 医薬品開発部
髙木 敬太さん
2015年卒業

 大学の研究活動では薬品物理化学分野に所属し、ドラッグデリバリーシステムの開発や生物物理化学的理解に基づいた創薬展開を目指していました。そのなかで次第に「くらしに身近な薬に関わる研究がしたい」という想いが強くなり、医薬品開発の仕事を志望。
 現在は薬局やドラッグストアで購入できる一般用(OTC)医薬品の開発に携わり、市場調査から基礎技術の研究、新しい処方設計まで、試行錯誤を繰り返しながら進めています。OTC医薬品は医療用医薬品と比べて製品開発のサイクルが短いためスピード感が必要ですが、そのぶん自分のアイデアが製品化されるチャンスも多いのが魅力。実際に世に出て、患者さんの喜びの声が届いた時に大きな達成感を味わえます。
 常に「誰のため」「何のため」を意識しながらものづくりに取り組めているのは、大学時代の実習で多くの患者さんと接した経験が活きているのかもしれません。これからも自己満足の研究や技術開発ではなく、臨床現場の声を活かせる研究者になりたいですね。

就職活動のアドバイス

 京都薬科大学は、基礎研究と臨床現場の橋渡しとなる場。「企業で働きたいから臨床での実習は必要ない」「薬剤師になりたいから研究活動はしない」などと思わず、実習も研究も全力で取り組んでほしいです。6年間のすべてが、どの仕事にも必ず役に立ちます。
 そして本学の卒業生は多彩な分野で活躍されているので、ぜひ生の声を聴いてみてください。私も就職活動の際は多くの先輩にお話を伺いましたし、後輩の方々にも声をかけてもらえると嬉しいです。

CRO

医薬品の開発パートナーとして
新薬開発の臨床試験をサポート。

イーピーエス株式会社 臨床開発モニター職
和田 茉依実さん
2015年卒業

 CROとは、製薬企業等が医薬品開発のために行う業務を受託し、医薬品開発を支援する企業のこと。一般には馴染みの薄い仕事のため、私も4年次生の頃に学内で開催された「職種案内」でCROの臨床開発モニターという職種があることを知りました。
 現在は血液がん領域の試験に携わり、臨床試験が実施基準や法規に沿って適切に行われているか、患者さんの安全性が守られているかなどを確認しています。臨床試験を実施するには治験薬概要書という治験薬の開発の経緯、作用機序、非臨床試験結果が記載された専門的な文書も多数あり、薬学の基礎知識が欠かせません。
 またこの仕事は、製薬メーカーの担当者、医療機関の医師や治験コーディネーターなど様々な人と関わるので、コミュニケーション能力やスケジュール管理能力も必要。大学の研究室でチーム一丸となって実験に取り組んだ経験が力になっていると感じます。モニターとしてはまだまだ未熟ですが、いつか自分の携わった治験薬を新薬として世に出したいですね。

就職活動のアドバイス

 本学の就職活動のサポート体制はとても充実していると思います。就職先に迷っていても、学内にいながらにして病院、薬局、企業の説明会に参加できますし、少人数なので質疑応答も積極的にできます。
 私の場合は、大学から遠い地元で実務実習を受けましたが、その間も進路支援課からの説明会情報リリースやエントリーシートの添削、休日の面談枠の確保といったサポートを受けました。皆さんもこの充実したサポート環境を存分に活用してください。

病院

〝考える薬剤師〟として
チーム医療に最善を尽くす。

慶應義塾大学病院 薬剤部
宮本 彩加さん
2016年卒業

 私は病院の薬剤部に所属し、注射・製剤担当として注射薬の処方監査や注射薬混合調製に携わっています。また市販薬を使用しても治療効果のない特殊な疾患の患者さんに対して、医師と協同しながら院内研究として院内製剤を調製したり、看護師や管理栄養士と連携しながら入院患者さんへの服薬指導を行ったりと、チームで活動する機会も多くあります。もともと大学の病院実習でチーム医療の大切さに気づき、「ただ薬を用意するだけでなく、チームの一員として患者さんに最適な治療法を考えたい」と思っていたので、薬剤師の専門的な視点で提案できた時は嬉しいですね。
 先日は手術前後の患者さんに服薬指導をしたところ、アレルギーについて心配されていたので、アレルギー検査を提案しました。患者さんからは「親身に考えてくれてありがとう」と感謝していただき、身近な存在として頼りにされる喜びを感じました。今後はがん化学療法チームにおいて抗がん剤治療にも積極的に関わっていきたいと思います。

この道を選んだきっかけ

 病院薬剤師を志したきっかけは、5年次生の病院実習でした。それまで個々にあった知識が臨床でつながり、現場で学び働くことの楽しさを実感。また実際に患者さんと接することで、患者さん一人ひとりの薬に対する感じ方の違い、同じ薬を飲んでも異なる副作用が出るなど、当たり前だけどとても大切なことを学びました。
 そこで私は患者さんの生の声を聞き、医師や看護師とも対等に話し合いながら、最善な選択ができる“考える薬剤師”になりたいと思いました。

薬局

薬局内外で地元の人々の健康を
支える〝かかりつけ薬剤師〟。

総合メディカル株式会社 西日本薬局統括部 愛媛・高知ブロック
そうごう薬局 千代田町店

須藤 嵩史さん
2015年卒業

 薬局では調剤や服薬指導だけでなく、地域の方々に健康増進のための情報を発信したり、市販薬を通したセルフメディケーションを推進したりする役割も担っています。私の場合は、道の駅での健康相談会を企画・運営するなど、薬局の外でも地域に根ざした薬剤師活動を実施。また会社全体としても、地域ヘルスケアネットワークづくりへの取り組み、がん対話カフェの開催、糖尿病重症化予防事業なども行っており、薬局が社会に求められる役割がどんどん広がっていることを実感します。
 さらに2016年4月からは「かかりつけ薬剤師」制度が始まりました。患者さん自身が信頼できる薬剤師を選び、今まで以上に安心して薬や健康についての相談ができるようになり、私たち薬剤師には患者さん一人ひとりに合わせたよりきめ細かな対応が求められます。
 大学時代にクラブや学園祭実行委員の活動を通して様々な人と接した経験が、日々の様々なコミュニケーションに活かされていると思います。

この道を選んだきっかけ

 「人の生活に寄り添う仕事がしたい」と考え、選んだのが薬局薬剤師です。慢性期の患者さんに対し、生活の質が向上するようなアドバイスをするのはもちろん、心理的なケアができる点も理想的な職種だと思いました。
 また健康な人も薬局に入りやすくなるよう、薬局の外でも薬剤師の活躍の場を広げたい!という野望もありました。道の駅での健康相談会はそんな私の想いから始めたもので、これからも内容を発展させながら続けていきたいと考えています。

行政

より安全な医薬品を早く患者さんへ
行政の立場から医療現場に貢献。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)
新薬審査第五部(抗悪性腫瘍剤分野)

池上 倫代さん
2015年卒業

 PMDAは、医薬品などの承認審査、安全対策、健康被害救済の3つの役割を担う公的機関です。私はそのなかで抗がん剤の承認審査を担当しています。製薬企業から提出された動物実験や治験の結果を見て、どのような対象疾患にどのような用法・用量で使用すれば有効性や安全性が期待できるか、医療現場で安全に使用するためにはどのような情報提供が必要か、といった視点で審査を行っています。また医薬品の開発段階から、開発の方向性、治験の実施方法、有効性や安全性の評価方法などについて製薬企業に助言し、開発が円滑に進むための支援も行います。
 これらの仕事には専門的な幅広い知識が必要ですが、基礎として、大学で学んだ薬理や薬物動態、薬剤学、統計などの知識が非常に役立っています。さらに市販後の安全対策を検討する上で、病院・薬局の実務実習での服薬指導や副作用モニタリングの経験も活かされています。今後も6年間の学びを土台に、より有効で安全な医薬品をより早く患者さんのもとに届けられるような承認審査を行っていきたいです。

この道を選んだきっかけ

 大学1年次生の頃に聞いたサリドマイドの薬害を受けられた患者さんの講演が印象的で、新薬を世の中に送り届ける前の最後の砦となる行政の立場から医療の安全性の向上に貢献したいと考えるようになりました。その後、薬事法規の授業でPMDAの存在を知り、ここで働きたいと強く決意しました。
 現在では、薬剤師として活躍する友人から、私が承認審査に携わった医薬品を使っていると聞くことも増え、医療現場の役に立つ実感が仕事のやりがいに繋がっています。

ページトップへ